エジプト兵がイスラエル兵に殺された

というニュースを見たわけだが、
世界情勢に落ち着きがなさすぎて本当に参る。

何かできるような力を持つわけでもなく、
ただ知らされてどぎまぎするというのは精神衛生上よろしくない。
(七夕に書いた短冊でさえ、そういうことを書いたと言うのにまったく効果がない)

とりあえずの事実関係としては
「テロは18日、イスラエル南部エイラート付近で発生。エジプトから侵入したとみられる武装勢力をイスラエル軍が追跡し、発砲。イスラエルとの国境に隣接するエジプト東部タバ付近にいたエジプト治安要員5人が死亡し、複数が負傷した。」
(括弧内は毎日新聞からのコピペ。http://mainichi.jp/select/world/news/20110821ddm007030119000c.html)
要するに、過激派テロを追跡、掃討する作戦の中で
エジプト国境付近(ぼかされている)で正規兵(市民はどうなのだ?)が殺された。

テロから報復掃討作戦の流れの中の
どのタイミングか分からないが、(京都新聞では発端のテロ発生直後)
ここでイスラエルはKYな発言をしている。
「シナイ半島でのエジプト政府の支配力の弱さが如実に表れた」
おーおー、そういうこと言っちゃうか。という感じ。

んで、エジプトはその発言とエジプト兵殺害こみこみで当然、反感を表明する。
駐イスラエル大使の召還である。だが、この後、すぐにイスラエルも
遺憾の意を表明し、調査にあたることを約束。エジプトも大使召還の取りやめとなった。
(2011年8月21日01時02分  読売新聞。http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110820-OYT1T00678.htm)
(それでいいの?かなり大きな貸しにしたか、もしくはその場で何か取りつけた?)

何しろエジプトも現在暫定政権であり、基盤が弱い。
ムバラクが倒された後、民衆の力(要するに組織化されてない権力)が
沸騰しているので、ここで対外的に弱腰に出ることは民衆が許さない。
だから、そもそも大使召還自体がポーズであった可能性は否めない。

まぁ、ここはいいや。

別のニュース。

『テロ非難で共同声明 米ロ・EU・国連 
2011/8/21 19:23

 中東和平を支援する米国、ロシア、欧州連合(EU)、国連の4者は20日、共同声明を出し、イスラエル南部で18日に起きた武装勢力による襲撃事件を「計画された臆病なテロ行為」と強く非難、事態の悪化を招く「不安定な情勢」に懸念を表明し、すべての関係者に自制を呼び掛けた。

 声明はエジプト政府に対して「シナイ半島の治安維持」を求めると要請。また、テロ行為に関わった者たちが「早急に裁かれる」ことを望むとした。(ワシントン=共同)』
(二重括弧内日経新聞コピペ。http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381959FE0E2E2E0868DE0E2E2EAE0E2E3E39494EAE2E2E2;at=DGXZZO0195570008122009000000)

米・ロ・EU・国連だって?
呉越同舟もいいとこだな、おい。

これは報復作戦でエジプト兵が死んだのが分かったのが後に出したのだから、
エジプトがさらなる直接的な報復に出ないようにしてきた、という狙いがあるのは分かる。

(それにしても、国連が声明を出すなら何か決議があったんだろうけれど、
中国はどう対応したのか、そこが気になるところではある。)

それよりも、米欧は確かリビアに軍隊を出していたはずだが、
どういうことだろう。テロと革命はどう違うのか。(もしかして革命は臆病でないからよいのか・笑)
独裁政権を倒すなら支援するのか?
リビアへの軍事的な介入でなく、あくまで紛争調停者として向かえばまだよかったが、
これでは、テロ非難の声明というのもいかにも軽薄だ。

テロと革命の関係に関して、明確な基準を示せなければ
アラブと欧米の対立は、エジプトが多少の軟化をしたとしても深刻だろうし、
無理筋を押し通しているのは欧米だろうと思われる。

(まぁ、しかし、示そうと思えば示せないこともないが、
かなり絶望的な内容だとしか思えないね。
「テロとの対決」は帝国主義よりおぞましいもののような気がする。気が向けば次回)

at 20:51, テツ, ヨモジジ

comments(0), trackbacks(0), - -

のんべんだらりと計算してみる。

ふと、宮城県と福島県の人口を調べてみると
あわせて400万人いるのね。

他の県のことも何も考えないでいくので
とりあえずこれくらいが、今回は補償の対象に少なくともなるのかな。

復興には少なくとも1〜3か月は生活の心配がないように、しないとダメだと思う。
そうなると、一世帯あたり、20万/月は欲しいかなぁ。(少なめ?)
とりあえず、MAXの3カ月分で計算しようか。
一世帯の平均人数はH17の国勢調査によると、宮城2.7の福島2.9なので
間をとって、2.8で考えてみよう。
400万人÷2.8世帯/人*20万/月*3か月=8571億円

ちなみに日本の総世帯数は4900万世帯。
これを先ほどの金額をこれで割ると1.7万円ということになる。
ただ、単身の学生世帯などもあるだろうから、もう少し余裕のある世帯は
もっと支払ってしかるべき、ということになる。

んで、今の義援金が集まっている額ですが、1304億円ということになっております。

ま、上の試算はざっくりな上に日赤の基準とは違っています。
*「住宅全壊・全焼・流失、死亡、行方不明者は35万円」、
*「住宅半焼、半壊は18万円」、
*「原発避難指示・屋内退避指示圏域の世帯は35万円」
ということなんで、ざっと半分くらいで済むのかもしれませんが、
(それは対象者を宮城福島だけで見ている分と相殺されるかなーとざっくり見てますが)
それにしたって、4000億は欲しいところじゃないでしょうか。

ほっといても、おそらく政府がやむなく増税などをしていくと思われますが、
(逆に非常にいい口実が出来たと見る向きもあるかもしれませんね)
「集まりすぎて困ってしまった」というオチがつけば、そうするまでもなくなって
日本は(国粋主義者でもないけれども)誇り高くあれると思うのですが、いかがでしょうか。

(っていうか、実はすでに集まりすぎていて、
どこかで誰かがくすねているというオチだけは勘弁してください。)

at 21:10, テツ, ヨモジジ

comments(0), trackbacks(0), - -

ああ、青春のポエ山

なんか、巷に流行るものを、助勢いたします(笑)

***

 昨日、福島の原発行ったんです。福島第一原子力発電所。 
そしたらなんか瓦礫がめちゃくちゃいっぱいで入りづらいんです。 
で、よく見たらなんか煙幕上がってて、1000ミリシーベルト毎時、とか書いてあるんです。 
もうね、アホかと。馬鹿かと。 
お前ら福島県民らな、1000ミリシーベルト如きで普段賛成していた原発ごときから逃げてんじゃねーよ、ボケが。 
1000ミリシーベルトだよ、1000ミリシーベルト。 
なんか親子連れとかも逃げてるし。一家4人で関西逃亡か。おめでてーな。 
よーしパパガイガーカウンター頼んじゃうぞー、とか言ってるの。もう見てらんない。 
お前らな、150円やるから臨界止めろと。 
原発ってのはな、もっと殺伐としたもんなんだよ。 
圧力容器の燃料棒に刺さった奴がいつ核爆発が始まってもおかしくない、 
制御棒を刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。原子力安全保安院は、すっこんでろ。 
で、やっと予備電源入ったかと思ったら、東電の奴が、冷却水少なめで、とか言ってるんです。 
そこでまたぶち切れですよ。 
あのな、冷却水少なめなんて悠長なこと言ってらんねーんだよ。ボケが。 
得意げな顔して何が、冷却水少なめで、だ。 
お前は本当にまだ原発復旧させたいのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。 
お前、原発は日本に欠かせませんって言いたいだけちゃうんかと。 
原発通の俺から言わせてもらえば今、原発通の間での最新流行はやっぱり、 
もんじゅ、これだね。 
大盛りナトリウム漏れもんじゅ。これが通の心配事。 
もんじゅってのは冷却材にナトリウムが多めに入ってる。そん代わり冷却水が少なめ。これ。 
で、それに中継装置落下で燃料棒が抜けない。これ最強。 
しかしこのまま地震が起こって暴走すれば日本が崩壊するという危険も伴う、諸刃の剣。 
天下り役人だらけの日本ではお薦め出来ない。 
まあお前ら関東人は、我慢して輪番停電してなさいってこった 

at 22:07, テツ, ヨモジジ

comments(0), trackbacks(0), - -

原発危機の責任問題について。

どこに出すのが効果的かよく分からず、とりあえず、
民主党webにも送りつけました。

ツイッターの内容を丁寧にして書きなおしたものですが、流れないように。
ツイッター含めて賛同するならここへのコメントよりも自分の記事に取り入れたり
リツイートなどで、少しでもより遠くまで届くようにお願いします。


以下本文
***

 お忙しいところ失礼いたします。
原発危機に関連して、補償問題などを検討されている頃かと思います。
プロフェッショナルでもないですが、民主党は市民の党であると信じております。

是非、ご一読していただきたいです。

政府は補償問題の一切を引き受け、東電の責任を問わないことを明言するべきです。そして、東電に自社社員、関連会社に責任を負わせるようなことはさせないと命じてください。そうしなければ、正確な情報が集まらないと思われます。

今はすべてがおさまった時点ではないのです。
まだ危機は進行中でおそらくすべてがうまく行っても無傷ではすまない事態でしょう。

それは企業ぐるみの隠ぺいだけでなく、
現場で作業にあたる個々人の恐怖心から生じる些細なミスの過小評価であっても、
見逃すわけにはいかない状況と考えるべきなのです。

適切な責任感は迅速かつ正確な作業を促すことになるかもしれませんが、
それはある主体(個人や企業含めです)がある程度対応可能な課題に対する場合のみです。
まったく制御することが可能でないような課題に対して、
さらに補償も手に負えないとすれば、及び腰になるのは自然なことです。

付け加えるならこの危機の発端は自然災害であって、
誰もが言い訳できる環境でもあります。
探せば「どうしようもなかった」証拠などいくらでもでてくるでしょう。
ですが、今はそんなことに時間や人的資源を費やすような時ではありません。

政府がすべてを負うと明言することはこの状況の中で
災害の主体を東電でも福島県でもなく全国民の問題として対応するという宣言です。
この宣言は今後出てくるであろう他地域の反原発運動に対する一定の答にもなります。

次世代エネルギーの開発はいつかはなされるでしょうが、
現状、すでに稼働しているもの、将来の負担のために計画中のものなど
原子力が避けられないのであれば、福島の問題は明らかに全国民の問題であり、
最終的に全国民が共有して負担することを宣言するべきものです。

長々と素人考えにお付き合いいただきありがとうございます。
英断によって危機が救われることを祈ります。

at 12:26, テツ, ヨモジジ

comments(0), trackbacks(0), - -

竹島、尖閣諸島に友人のいないあなたへ。

 最近はきな臭い情勢が続いておりますがいかがお過ごしですか。

デフレは円高によって相殺されている気がするので、
景気は確かに下振れを抑えつつあると考えていますが
これはまぁ、なんとも分からないですね。
ただ、十年くらい前の円高時の還元セールの熱気がないことは確かで、
逆に堅調な経済の推移に貢献すると思います。

ただ、この円高は円高というよりはドル安というのが正しくて
現にユーロは112円なんですよね。
それでも円が安かった時より10円は上がってますけど。

結局のところ、アメリカの弱体化がはっきりとしてるわけです。
そこで、日本周辺の領土問題が同時多発的に起こったのは
民主政権云々というよりはアメリカに余裕がないのを見越しての
ふっかけでほぼ間違いないと考えてます。

なので、外相がアメリカに安保対象の確認をしたり、というのは
必要ではありますが、相手方にとってはほとんど織り込み済みで
それで折れるということはないでしょう。

国の為政者の方々には多角的な外交をしていただいて
できる限りうまく交渉していただきたい。

ただ、対外的なことよりも正直にいえば
国内のほうがやや不安で、丁度今の日本の状況は最近読んだ
「ワイマル共和国」の状況に似ている、
つまりヒトラーを生み出す直前の対外的環境に置かれていると思うのだ。

恐ろしいことに、今の領土問題はいまだに敗戦処理の一種だと思われるが、
こうした時に為政者はベストを尽くそうとしても
国民感情によって潰される場合がある。

おそらく現在はぎりぎりの駆け引きにしかならないところまで追い込まれている。
いまさら、追い込まれるのが悪いとか言ってる場合でもないと思う。
その上で、何かを捨てて何かを拾うような交渉、あるいは
そうできるという準備を見せて協力させたり、ブラフにしたり
そういったカードの自由を国民が与えなければ有効に活用できない。

すぐにブーイングばかりするようでは、何も進まない。
これは誰かに対して直接言っているような内容というよりも
今後の政府の対応に対して、おそらくブーイングが出るような
対処があるだろう、ということを予想して書いているので
てんで的外れならそのほうがよい。

ただ、そうなっても冷静であるべきだと思う。
国が荒れれば、対外的に押し込まれるよりもっと厄介なことになるはずだ。

at 13:30, テツ, ヨモジジ

comments(0), trackbacks(0), - -

空自1佐情報漏洩問題所感

まぁ、この記事について。

「報道の自由」とか言ってるけど、
それは問題が飛び火して、新聞社が訴えられないように先制パンチを効かしただけだと思うんだ。

この問題で取りあげるべきところがあるなら
司法捜査よりも先に身内での処分が先行している点だと思う。
そんなに慌てて処分しなければいけないことなのだろうか。

すでに書類送検にはなっているわけだから、
司法がいったん預かると言ったところを自分たちで片付けようとする。
ある意味では司法のメンツを潰す行為だったわけだ。

メンツを潰してもかまわないという意識がなければ
こんな形での懲戒免職は起こらない。
これは軍隊が持っている自前の規律に対する信頼と
外部(とはいえ、軍隊が守る対象として設定されているはずの外部)への不信感から
起こったものだと言ってもいいだろう。

どうせ内規でも決まってることだろうし、今回の処分自体別に越権行為ではない。
そうなんだけど、越権的な匂いを十分にはらんだ処分と考えることはできるだろう。

もっとも、こういった潜在的な問題に対しての対応策というのは
単純に「三者をはさんで処分をくだすこと」みたいな条項をいれても
もっと秘密裏に(勧奨退職のようなかたちをとったり)動かれるだけで
余計厄介になってしまう。
そんなことも思うから、具体的にこうするべきだなんてことを
今、ぽんっと言うことはできないんだが、まぁ、所感としては
自衛隊といってもやはり軍隊的な特性はきちんとあるのだなぁと。

at 22:16, テツ, ヨモジジ

comments(0), trackbacks(0), - -